ヤフーショッピングに出店するメリット、デメリットと評判 [2018年版]


 
ヤフーショッピングで稼ぎたい方は⇒コチラをクリック!
 

どうも、リョウジです。
本日の記事はヤフーショッピングに出店するメリット、デメリット
加えて、ヤフーショッピングの評判に関してとなります。

ヤフーショッピング出店のデメリット

 
まずは、ヤフーショッピングの悪い部分、デメリットから記載します。
出店を考えている人は、リスクやデメリット、悪い部分が気になるものでしょう。
私は長期間ヤフーショッピングのストアを運営し、大きな売上を作り
ヤフーショッピングは優秀な販路であると、何度かブログに書いていますが
当然ながら悪い部分、リスク、デメリットもいくつかあります。
 
こういった面は、他販路の楽天やアマゾンと同一ですね。
どの販路であっても悪い面、良い面が存在します。

 

 

デメリット.01 顧客対応に時間を取られる

まず、私が実際にヤフーショッピング運営し
気付いたデメリットは、顧客対応に時間を取られるという点です。
これに関しては、楽天にも同様の事が言えますが
アマゾンと比較した場合、顧客からの問い合わせや、返品対応等、
顧客対応に掛かる時間は膨大なものになると言えます。
 
ただ、あくまでこれは「アマゾンと比較した場合」であって
どちらかというと、こっちが通常のECサイトと言えます。
ヤフーショッピングや楽天が時間を取られるというより
アマゾンだけ異常な程、顧客対応に時間が掛からないという感じですね。
 
アマゾンの場合、顧客から商品に関する問い合わせが来ることは稀ですが
ヤフーショッピングは比較的頻繁にメール、電話で問い合わせがあります。
特にメールだけでなく、電話対応に時間を取られる事が多いです。
 

私は現在、顧客対応をスタッフに任せていますが
スタッフを雇わず、1人でEC事業を営んでいる場合は
この点が少々ネックになるかもしれません。
 
加えて、上述した通り顧客対応の点で
アマゾンとヤフーショッピングは落差が大きい為、
これまでアマゾンでしか販売をしたことが無い人は戸惑うでしょう。
ヤフーショッピング開店当初の私がそうでした。
同じECサイトでも、モールが違えばこれだけ違うのかと感じたものです。
 
一応、対策としてはバイトでも良いから1人くらいは
スタッフを雇うか、電話対応の比率を減らすことですね。

 

 

デメリット.02 顧客が少ない

ヤフーショッピングは、まだ発展途上のモールである為、
楽天市場やアマゾンと比較してPV、流通額が少ないといえます。
 
※インターネット通販の流通額シェア

 
※楽天とヤフーショッピングのPV比較

 

流通額シェアに関しては2016年のデータですが
アマゾンと楽天市場がほぼ同等で全体の25~26%前後
比べて、ヤフーショッピングは5~6%前後と、
大手2社と比較して大きな差があることが分かるかと思います。
 
PVに関しては、楽天市場が月間33億PVあるのに対し
ヤフーショッピングは月間4.4億PVに留まっています。
この表にアマゾンが載っていないのは、これが楽天の発表した
データで、アマゾンは楽天市場の月間PVを上回っているからです。
 

楽天はこのデータを根拠に、売上とPVは比例するとしていますが
この推測が、ある程度正しいのは間違いありません。
私のヤフーショッピングストアでもPVと売上が比例しています。
その為、モール全体のPVが低ければ売上も低くなるので、
デメリットとは違いますがヤフーショッピングの良くない点と言えるでしょう。

 

 

デメリット.03 販売の難易度が高い

これは楽天も同様で、デメリット.01と多少被りますが
アマゾンと比較して明らかに販売の難易度が高いと言えます。
まあ、こちらもアマゾンが異常なだけなんですがね。
アマゾンの特にFBAは手間が掛からず、販売自体も簡単過ぎます。
 
加えて、アマゾンの場合はモノレートの存在も大きいです。
商品がどの位の頻度、価格で売れているのか一目で分かりますから
適正原価、適正仕入数量、適正販売価格を導き出せます。
 
ヤフーショッピングや楽天市場ではこうはいかず、
ストアや、商品ページも全て自分で作成する必要がありますし、
商品ページ毎への集客も自分でしなくてはなりません。
更に梱包、発送作業に加え、モノレートも無いので綿密な市場分析が必要です。
 
ヤフーショッピングや楽天市場に出店する際、
アマゾンと同じ様に売れると思い込んでいては失敗するやもしれません。
ただ、これが本来のECサイトなのでヤフーショッピングの運営で
知識を付けられれば次の販路でも活かせることでしょう。

 

 

 

ヤフーショッピング出店のメリット

 
これまで、ヤフーショッピングのデメリットをいくつか書きましたが
ここからは良い面、ヤフーショッピングのメリットを書いていきます。

 

ヤフーショッピング出店のメリット.01 ランニングコストが安い

ヤフーショッピングのメリットを語るうえで
欠かせないのが圧倒的なランニングコストの安さです。
他のショッピングモールなら初期費用や月額システム手数料が
掛かるものですが、ヤフーショッピングは共に無料です。
 

 

 
2番目の画像は、ヤフーショッピングが
料金面で他社との比較をしたものになるのですが
非常に大きな差があることが分かるかと思います。
 
他社大手ショッピングモール(スタンダードプラン)というのは楽天市場のことです。
他に、スタンダードプランという名称を使うモールはありませんからね。
 
この表を見ると楽天の月額費用が137,600円で+初期登録費用60,000円
対して、ヤフーショッピングは56,204円で初期登録費用が無料。
2社を比較すると、初期費用で60,000円、月額費用で81,396円の差があります。
月額81,396円ということは年間にすると976,752円。
2社のランニングコストに大きな差があることが分かるかと思います。
 
ちなみに、アマゾンの場合は月額システム手数料5,292円、初期費用が無料。
FBAを使った場合の販売手数料及び発送手数料は、売上の約15%~20%程度、
アマゾンの場合はシステムが違うので比較し辛いところではありますが
私の経験上、アマゾンよりヤフーショッピングの方が手数料は安いですね。

 

 

ヤフーショッピング出店のメリット.02 リスクが低い

前述の通り、ヤフーショッピングは初期費用に加え
月額手数料も抑えられるので低リスクで出店することが出来ます。

 
ちなみに楽天市場の場合、スタンダードプランで出店すると初期段階で
月額出店料(半年分)と初期登録費用で、税別360,000円を支払う必要があります。
この額は、出店後に万が一が起こることを想定するとリスクが高いですし、
単純な支出としても決して安いものではありません。
 
しかし、その点ヤフーショッピングは完全に無料ですし
出店後に万が一失敗しても、基本的に失うものは時間と労力だけです。

 

どんなビジネスを行うにしろ初期のリスクは最小限が基本であり、
特に資金が乏しいのであれば金銭的リスクは減らしておくべきです。
一度の失敗で受ける影響が非常に大きいですから。

 

 

ヤフーショッピング出店のメリット.03 強いライバルが少ない

このメリットは、デメリット.02に関わるものなのですが、
私はデメリット.02においてヤフーショッピングは楽天市場、アマゾンと比べ
流通額と月間PVにおいて大きく劣っていると説明しました。
 
出店数は楽天市場をヤフーショッピングが大きく引き離しているにも関わらず、
この結果になっているのは、先行者の強みとマーケティングも原因の1つですが、
単純に、出店しているストアが全体的に低レベルなのも原因です。
 
これはヤフーショッピングの大きな強みであり、メリット01で説明した
ランニングコストの安さが招いた弊害とも言えますが
ヤフーショッピング側からすれば弊害であっても
我々、参入者からすれば非常に大きなメリットです。
 

楽天市場は高い手数料と初期費用が掛かる為、大手や優秀なストアでなくては
生き残ることが出来ないし、出店自体が容易ではありません。
アマゾンは現実的な手数料に加え、優れたシステムと集客力で
多くの優秀なストアを出店させています。
 
ところが、ヤフーショッピングは低コストで気軽に出店できる為、
数は多くとも、1つ1つのストアは弱くモール全体の集客力も低いので
優秀なストアをあまり惹き付けられていません。
それ故に強いライバルが少なく、上手くすれば売りやすい。
 
これは、ヤフーショッピングが未成熟であるからこそ。
メリットとデメリットは背中合わせ
考え方次第でどちらにでもなり得るという好例ですね。

 

 

ヤフーショッピング出店のメリット.04 新規出品商品が売れ始めるのが早い

大抵の商品は、新規出品だと販売実績が無い為にページが育っておらず、
通常はアクセスを集められ難いので中々売れることがありません。
しかし、アマゾンとヤフーショッピングで比較をした場合ですが、
アマゾンよりもヤフーショッピングの方が早く売れ始めることが多いです。
 
これにはいくつかの要因が考えられますが、その内の1つは
メリット.03で説明した強いライバルが少ないことによるものでしょう。
ストアが強くないから、商品ページの完成度が低く、SEO対策も拙い。
よって、後発商品であっても比較的容易に上位表示を行うことができ
結果的に商品が売れ始めるのが早く、軌道に乗るのも早いということです。
 
加えて、強いストアが少ないということは商品自体も優れたモノが少ないということ。
つまり、ストアだけでなく商品面でもライバルが少ないということですね。
 
例えば、家電カテゴリに新規出品したとすると
アマゾンでは遥か下に埋もれてしまい、中々上に上がれませんが
ヤフーショッピングなら工夫次第で早い段階から上位表示ができ、
いくつか売れればビッグキーワードで1ページ目への表示も可能です。
 

当然ですが新規出品商品が売れるまでの時間は短ければ短い程、
資金面で有利に働くのでこの点はヤフーショッピングの大きなメリットといえます。

 

 

 

ヤフーショッピング出店に関するネット上の評判

 
あらかた、メリット、デメリットについては書いたので
ここではヤフーショッピングの評判について書いていきます。
以前、⇒こちらの記事でも軽く触れましたが
それなりに時間が経っているので改めて調べてみました。

 

相変わらず、評判はネガティブなものが目立つ

  1. ヤフーショッピングは売れない
  2. 楽天含めモール自体が売れない
  3. 無料と書いてるが完全無料ではない
  4. 手数料が高い
  5. 営業電話とメールが増加する

 
過去の記事から丁度1年経っていたので、どうだろう?
と思っていましたが、ほぼ変わりなしですね。
そもそも、ヤフーショッピングに関するブログ自体が少なく、
記事を読んでも、本当に出店したのか?と感じるものが多々。
 

まず、1と2ですが間違いなく嘘です。
実際に私が出店して稼いでいますし、他にも多くのストアが
ヤフーショッピングや楽天等のモールで成功しています。
今回の件に限らず、〇〇は売れないというのは、
殆どが出来ない人の言い訳なので、信じないでください。
私の最新の実績が気になる方は⇒こちらの記事をチェック。
 

3に関しては当然としか言えませんね。
あの規模のモールを完全無料で運営なんか
出来る筈がないですし、無料には無料の価値しか無いものです。
有料だからこそ、モールにお客さんを集められるし
Tポイントの導入やセール等の販促を行えるのです。
 

4の手数料に関しては、ECサイトの運営経験が無い方なのでしょう。
ヤフーショッピングで高いとか言ってたら何処も使えません。
 
ちなみに私の経験では、PRオプションを使わない場合、
月の売上に対し約6.6%程の手数料が掛かっていました。
7%未満の手数料というのはかなり安い部類ですので
誤った情報に惑わされない様にしてください。
 

5の営業電話とメールに関しては確かに来ます。
ただ、個人的にはそんなに気になりませんね。
電話はそんなにしょっちゅう来るわけではないですし
メールのチェックなんて1日に2~3分程度なので。
 
それと、たまにですが本当に重要なメールや
役に立つ情報を教えてくれることもあるので
煩わしいからといって蔑ろにしていると自分が損をしますよ。
それに、アマゾンでも楽天でもメールや電話は来ますからね。
こういうもんだと割り切って対応するのが一番です。

 

上でも書きましたが相変わらず
ヤフーショッピングの評判はさほど良くないという印象です。
ただ、こういう誤った情報やネガティブなものが多いということは
まだ成功している人が少ないということでもあるので
これから出店を考えている人にはチャンスと言えます。
 
モールでの成功者が増えれば増える程、新規参入の壁は高くなりますから。
出店するなら早いほうが良いですよ。

 

 

 

ヤフーショッピング出店のメリット、デメリットのまとめ

 

ヤフーショッピング出店のメリット

  1. ランニングコストが安い
  2. リスクが低い
  3. 強いライバルが少ない
  4. 新規出品商品が売れ始めるのが早い

 

ヤフーショッピング出店のデメリット

  1. 顧客対応に時間を取られる
  2. 顧客が少ない
  3. 販売の難易度が高い

 

貴方はヤフーショッピングの運営や出店で悩んでいませんか?
せどりで1億円を売上げるリョウジがコンサル生募集中です。
ヤフーショッピング特化型コンサル

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事はどうでしたか?
良かったと思った方は、クリックをお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ