FBAパートナーキャリア無料キャンペーンを利用しない理由


 
ヤフーショッピングで稼ぎたい方は⇒コチラをクリック!
 

どうも、リョウジです。
 
現在、Amazonが1年間限定でパートナーキャリア無料キャンペーンを行っています。
少し前から多くのせどりブログで取り上げられているので
知っている方が殆どだと思いますがパートナーキャリアを使えば
FBAに於いて、FCへの納品が無料になるというモノです。
 
同時に一部カテゴリーの販売手数料も割引されます。

  • ドラッグストア(ヘルス&ビューティー) 10%⇒7.5%
  • ビューティー(コスメ) 20%⇒7.5%
  • 食品&飲料 10%⇒7.5%
  • お酒 10%⇒7.5%
  • ペット用品 15%⇒7.5%
  • ベビー&マタニティ 15%⇒7.5%

 
納品手数料無料に加え販売手数料の大幅値引き
ここまでやるかという程、お得なキャンペーンです。
恐らく利用者はかなり多いでしょう。

 

ただ、私は現在このキャンペーンを利用していません。
 
なぜか?
 
長期的な目線で考えると
どうしてもメリットよりもデメリットの方が目に付くからです。

 

 

パートナーキャリア無料キャンペーンのデメリット

まず、このキャンペーンに参加するにはいくつかの条件があります。

  1. FBAパートナーキャリア(日本郵便)を利用して納品されること
  2. 一度の納品につき、小型・標準サイズの商品は10点以上、大型は1点以上納品
  3. FBAの納品先指定オプションをご利用中ではないこと

2に関しては特に問題はありません。問題なのは1と3特に1です。

 

問題点:FBAパートナーキャリア(日本郵便)を利用して納品されること

まず1ですが、このキャンペーンを利用するには
当然のことながら日本郵便を利用する必要があります。
 
普段から日本郵便を利用している人や
特定の配送業者と契約を結んでいない人には関係ないと思いますが
私の場合、数年前から佐川急便と契約をしています。
 

となると、このキャンペーンを利用した場合
現在、佐川で出している荷物を日本郵便で出すことになります。
別にこれが契約違反になるという訳ではありませんが
目先の利益を得る為に取引先を蔑ろにすべきではないと思うんです。
そういう行為を繰り返す人間は絶対に信用されませんから。
 
私は現在、佐川と非常に良い関係を築けていると思っているので
この関係を継続し、更に深める事を優先していきます。
結局はそれが後々の利益に繋がるので。

 

問題点:FBAの納品先指定オプションをご利用中ではないこと

次に3ですが、このキャンペーンは納品先指定オプションが利用できません。
仮にオプションを利用中であれば事前に解除する必要があります。
 
3は問題というより疑問なのですが
キャンペーン終了後、元の様にFCを固定できるのか?というのがあります。
そもそも、今回のキャンペーンに於けるAmzon側の狙いは
パートナーキャリアを広める事と、FC分散の2つだと思うんですよね。
 

でも、無料期間が終わればパートナーキャリアを使わなくなる方も大勢いるでしょうし
そうなると結局、この2つの目的はどちらも十分に達成されない訳で
そこにAmazonが何の対策もしないなんてあり得るのか?と考えてしまいます。
 
加えて、Amazonはこれまで最初に良質なサービスで集客を行い
客がサービスから離れられなくなってから利益を回収するという方法をとっています。
よって、今回のキャンペーンも同様のものではないかと考えているのです。
 
まあ、現段階では全て私の妄想でしかないんですけどね。

 

 

私がFBAパートナーキャリアを利用しないもう1つの理由

上で2つの問題点について書きましたが
実は私がこのキャンペーンを利用しない理由はもう1つあります。
 

私は普段から選択の際、多数派ではなく少数派を選ぶ様にしているのです。
何だかオカルト臭いと思われるかもしれませんが
案外正しい答えというのは、多数派ではなく少数派に眠っています。
ビジネスに於いても人とは違う方が稼げますよね。
 
今回の件でいえば恐らくキャンペーンを利用される方が多数派でしょう。
キャンペーンを利用せず佐川と契約しているのは少数の筈です。
上記2つに加え、少数派を選択したことが今回のキャンペーンを利用しない理由です。

 

 

せどりで1億円を売上げるリョウジがコンサル生を募集中です。
⇒リョウジのせどりコンサル

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事はどうでしたか?
良かったと思った方は、クリックをお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ