価格comにショップを掲載するまでの流れと審査の対策


 
ヤフーショッピングで稼ぎたい方は⇒コチラをクリック!
 
どうも、リョウジです!
本日は価格comにショップを掲載するまでの流れと審査の対策について解説します。
価格comに言及しているせどり系のブログは、余りありませんが
申し込みの手続きが割と面倒なので、これから申し込みをされる方、
申込みを検討しておられる方は是非とも参考にしてください。

 

価格comにショップを掲載するまでの流れと掲載の条件

 
価格comは、申し込み~実際に掲載されるまで約1ヶ月を要します。
※下記画像が申し込みから掲載に至るまでのプロセス

※詳しくはコチラを参照

 

価格com掲載の条件

価格comはアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングの様に
誰でもが掲載(出店)を出来るわけではなく、いくつかの条件があります。
 

  1. 商品が購入可能なECサイトを運営している
  2. サイトに特商法表記があり、表記項目に不備がない
  3. お支払い方法が代引きに対応している
  4. 商品が価格.comの取り扱う対象カテゴリに合致している

 
まず、この4つが最低限で価格comが言うには他にも条件があるそうです。
個人的には「事業形態が法人であること」も条件かなと思います。
上記1~4の詳細を知りたい方はコチラ⇒価格com FAQを参照。

 

 

ショップ掲載までの流れ.申込み~一次審査

上記条件をクリアして掲載申し込みを希望される方はまず、
コチラのページ下部、掲載のお申込みから申込みをしましょう。
その際、掲載希望のECショップ名、ショップURL、ご担当者名、
これらの情報が必要になりますので予め用意しておいてください。
 
申込みが完了すると
価格com担当者がショップの表記等に問題が無いかチェックを行い
問題がある場合は修正の要求を、問題が無ければエントリーシートを送付してきます。
 

続いてはエントリーシートの記載ですが、
こちらの内容はごく一般的なもの(店舗や運営者、会社の情報)なので
特に迷うことはないかと思います。
このエントリーシートに記載した内容をもとに一次審査が行われますが
ここで弾かれることはまず無いでしょう。
記載内容に問題がある場合は修正を要求されますので
その都度、言われた通り修正を行えばOKです。

 

 

ショップ掲載までの流れ.必要書類の提出~二次審査

一次審査が終了すると価格comから規約同意書や取引先調査表等の書類が届きます。
規約同意書は、送るとサイトに書いていますし当たり前のことなので問題ないのですが
サイトには書かれていない取引先調査表に当時の私は驚かされました。
この取引先調査表、記載項目も多くかなりガチのもので、
銀行に融資の申込みをした時を連想させられます。

 

価格comの取引先調査表を書くときの注意点

この取引先調査表ですが書くときに注意が必要です。

  • 主要売上高
  • 主要仕入先
  • 事業構成
  • 直近3期の業績
  • 取引銀行

上記が大まかな記載項目なのですが
ここで絶対にやってはいけないことがあります。
それは、主要仕入先の欄に「せどりや転売での仕入先を記載すること」
例えばアマゾンや楽天市場のショップ名、家電量販店
これらを記載して提出するとほぼ間違いなく審査に通りません。
ヤフオクやメルカリなんかの個人間取引は論外です。
 

これは私自身が価格comの営業さんから直接聞いた情報で、
転売屋や仕入れ先が曖昧な業者は審査に通らないと言われました。
なので、せどりが主な方はこの辺工夫して乗り切りましょう。
詳しくは書けませんが、私も工夫で何とかなりました。
 
要は価格com側が納得する業者から仕入れておけばいいのです。
例えば大手の卸業者や、小売りだけでなく卸もやっている業者ですね。
ちなみにアマゾンの様に請求書を要求されたりはありません。

 

必要書類と二次審査での面接

ここで必要になってくる書類は下記に加えて
許可証や免許の要る商品を売る場合は、それらのコピー。

  • 規約同意書
  • 取引先調査表
  • 履歴事項全部証明(登記簿謄本)
  • 印鑑証明
  • 会社案内(製本物が無い場合は別途相談)

ここでいう会社案内というのは、所謂パンフレットのこと。
パンフレットの無い方は代替品の提出になります。
私の場合は会社の外観と内装の写真を送りました。
価格com側からすれば、これで会社の実態を確認したい様です。

 
これらの書類を送付すれば、いよいよ第二審査ですが
その際に、なんと価格comの営業さんと一対一での面接があります。
アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングでは考えられませんね。
 
場所は基本的に自社のオフィスで、時間は30分~1時間程度。
内容としては今後の目標や現況、取引先に関する質問等です。
取引先に関して聞かれた際、しどろもどろにならない様に準備しておきましょう。
 
ただ、どちらかというとこの面接は経営者の人間性云々や
取引先調査表に関することよりも、オフィスを訪れることで
会社が実際に運営されていることの確認を取る事が主なようでした。
 
それでも、簡単に社内を見られたりはするので
価格com側に見られたくないものは片付けておいてください。
 
面接が終われば後は結果を待つだけです。
しばらくすると「情報掲載審査完了のご案内」というメールが届きますので
審査に通っていれば最短で4~5日後から価格comに掲載出来る様になります。

 

 

以上で申し込みから掲載までの流れに関する解説は終了です。
審査に通る為の対策としては取引先調査表への記載を気を付けてください。
価格comの審査は手間も時間も掛かりますが、そこさえクリアすれば
後は落ちる要因になり得る箇所はさほど無いかと思います。

 

せどりで1億円を売上げるリョウジがコンサル生募集中です。
ヤフーショッピング特化型コンサル

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事はどうでしたか?
良かったと思った方は、クリックをお願いします^^


にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ